<< 中国・桂林の景気動向 | main | twitter 税理士 >>

中国・桂林の観光名所

0
    中国・桂林で1番有名な観光名所は、山水画のような風景を桂林から陽朔までの約5時間の遊覧船クルーズを楽しむ漓江下りです。
    遊覧船は中国人用と外国人用に分かれています。
    桂林が国内外から観光客を呼ぶ場所であり、値段的なことやトラブル防止など理由は分かりませんが運営上中国人と外国人を分けたサービスが多かったです。
    途中、遊覧船の中で昼食を頂くのですが、私達夫婦と欧米系の白人カップルの4人で1つのテーブルを囲み、共通に出されてくるたくさんの料理を取り箸もない状態で自箸で各々の皿に取って食べる方式には驚きました。
    遠慮の塊みたいに、たくさん料理が残ったのは言うまでもありません。

    漓江下りの終点地の陽朔には土産物・雑貨屋やカフェなどが並ぶ歩行街があり、陽朔から桂林に戻る道路沿いも高田郷・白沙郷など田園風景がとても美しいいです。
    桂林の稲作は多毛作であり、田植えと稲刈りが近い場所で同時に見えたりします。(8/10日ブログ掲載の白沙郷の写真参照)
    この豊富なお米で作るビーフンが桂林の名物料理でありツアーの食事には必ず付いてきます。

    桂林は広西チワン族自治区にあり、漢民族以外の少数民族が多く存在します。
    いろんな少数民族のパフォーマンスや国家AAAA級の景区が売り物のテーマパークが陽朔郊外にある世外桃源です。
    入場料は1人50元(約850円)で、ツアーオプションだと1人200元(約3,400円)です。
    入場後、園内の川を船で巡るのですが、通常10人以上乗せて出発している船が、私達夫婦と現地ガイドの3人だけ乗せて特別扱いを感じましたが4倍の値段は高いです。

    桂林市内の夜8時に専用劇場で開園する雑技とバレエを組み合わせた1時間ぐらいのショー「夢幻漓江」を見ました。
    料金はツアーオプションで特別席1人280元(約4,800円)です。
    ツアーオプションで一般席は1人250元(約4,300円)でしたが、ほぼ満席状態でした。
    しかし私達が座った特別席は外国人ばかりで、空席の割合がかなり多かったです。
    どう考えても一般席の通常の値段がかなり安いのはあきらかでした。
    あと劇業内の男子用トイレの全ての小便器の上に上演内容を写すモニターが取付けられていたり、終演後に主役級の出演者が出口に先回りして観客を見送るサービスは気が利いていると思いましたが、主演者がみんな講演内容が収録されたDVDをたくさん手に持ってアピールしている姿には少しがっかりです。

    桂林市内の夜の観光名所には市内の4つの湖の巡るナイトクルーズ「両江四湖」があります。
    過去に工業団地として埋め立てられた湖を復元し、世界各地の有名な橋を模した19の橋や日月塔と呼ぶ2つの塔を観光用に全く新たに作り、コースの両岸を綺麗にライトアップ(両岸沿いのホテルや飲食店でけでなく大学病院までもライトアップに協力)し歩道も整備され、鵜飼を近くで見せたり、船内で二胡の生演奏もあります。
    二胡の演奏曲も日本や海外の有名な曲ばかりです。
    このナイトクルーズは外国人専用で、中国人はお金を払っても乗せてもらえないそうです。
    料金は、ツアーオプションで1人280元(約4,800円)です。

    桂林市内には有料の公園がたくさんあり、桂林市民には夕方から無料で開放されているそうです。
    その中の七星公園では日本では珍しくなってしまったパンダを見る事が出来ましたがエアコンの効いた舎内で寝ていて動く姿は見えませんでした。

    桂林最大の鍾乳洞である蘆笛岩にも行きましたが、鍾乳洞の中で一番の見せ場である大きなドーム状の空間が色鮮やかに派手にライトアップされ、レーザー光線や音響装置で場を盛り上げ、足元の床にもライトが埋め込まれていて、欧米人向けのアトラクションのようでした。
    過度な演出が、鍾乳洞の本来の姿を歪めているようでがっかりしました。

    ツアーを通じた桂林観光についての感想は、物価や内容から比較して日本国内での入場料の相場の値段よりも全体的に高い感じがしました。
    国を挙げて観光に力を入れているだけあり、過剰と思えるぐらい演出が派手で、工業団地を移してまでも湖を復元したりする観光開発は日本ではなかなか真似できないと思います。
    日本でも観光立国の推進体制強化として平成20年10月1日に観光庁が発足しましたが、中国に負けないように頑張って欲しいものです。

    日月塔と呼ぶ2つの塔の写真










    岐阜の税理士 野畑忠好 * 海外旅行日記 * 15:33 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

    コメント

    コメントする









    トラックバック

    このページの先頭へ
    このページの先頭へ
    メールアドレス
    Lancers.jp ブログランキング【くつろぐ】 にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
    にほんブログ村 人気ブログランキングへ My Yahoo!に追加