来年(開業4年目)の目標

0
    JUGEMテーマ:ビジネス
     
    当事務所の仕事納めは12/28(水)です。(年始は1/4(水)からです。)

    なので少し早いのですが、今年を振り返ってみたいと思います。

    1.昨年よりも大幅な増収増益を達成する見込みとなりました。
    2.新たに税理士事務所経験者2名を採用しました。
    3.昨年採用した税理士事務所未経験者の職員2名が1年間で大きく成長しました。
    (内、1名は成果に応じた大幅な昇給もしています。)
    4.来年2月より現在の2Fフロアーに加えて、3Fフロアーを賃貸することが決まりました。
    5.本日現在まで他の税理士事務所へ変わった(移った)お客様が1件もなかったこと。
    以上が、良かった点です。

    悪かった点は特になかったのですが、未達成になりそうなのが下記2点です。
    1.当事務所専属の社会保険労務士の確保。
    2.若い税理士事務所未経験者1名の採用。
    ハローワークの求人等で募集して面接もするのですが、お互いにとって良い縁までには至りません。
    来年は上記2名に1名加えて、3名の職員採用を目指します。

    いずれにしても円高、東日本大震災やタイ洪水、南欧債務危機などの影響で、相変わらず国内の経営環境が厳しいさなかに当事務所が大きく成長できたことをお客様、職員、その他関係者のお陰だと感謝します。
    そして来年は事務所フロアーも広くなる予定ですので更なる成長を目指したいと思います。

    http://www.nobata-kaikei.com/
    http://www.kaisyaseturitu-houzinseturitu.info/
    http://www.bluecolor.biz/
    http://www.ab.auone-net.jp/~aoiro/

    岐阜の税理士 野畑忠好 * 事務所通信 * 16:24 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

    海外旅行(台湾・台北)

    0
      9月18日(日)から20日(火)まで2泊3日で台湾・台北へ夫婦2人で海外旅行へ行ってきました。

      2万円台の格安ツアーの予約が取れずに、少し高めのツアーになりましたが結果的にこの選択が大正解でした。
      ツアー代金の違いは、航空会社の違いにあり、格安ツアーは行きが夜遅く、帰りが早朝で中1日しか観光できません。
      今回は行きは午前10時名古屋発で帰りが午後5時台北発と2日目以外に初日と最終日も余裕を持って台北市内観光ができました。 
      しかも帰りは名古屋が台風の影響を受けた日でしたが、夜遅かったため岐阜までの電車も通っていて何とか無事に帰れました。

      ツアーオプションで九分観光(下記写真)にも行ってきましたが、どの観光地も観光客でいっぱいで特に中国人観光客が多かったです。

      台北の街中を歩いていて気付いたことが、ゴミが全然落ちていない。
      住人たちがゴミを持ってゴミ収集車を待っている姿を見かけて少し理由が分かったような気がしましたが、本当に道徳心が高い国民性に感心しました。
      東日本大震災の義援金も世界中で台湾が一番支援してくれたそうです。

      名古屋から飛行機で2時間半と近いのでまた行ってみたいと思いました。

      http://www.nobata-kaikei.com/
      http://www.kaisyaseturitu-houzinseturitu.info/
      http://www.bluecolor.biz/
      http://www.ab.auone-net.jp/~aoiro/



      岐阜の税理士 野畑忠好 * 海外旅行日記 * 21:37 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

      同業者の優劣の理由 

      0
        JUGEMテーマ:ビジネス

        どの業界でも同業者(競争相手)のことは気になると思います。
        周りを気にせず我が道を行くマイペースな人でも自社と他社のサービス・価格の比較検討ぐらいはしているはずです。

        お客様がどのようなサービスと価格を求めているのかが分かれば、商売はやりやすくなります。
        ただし、分かっていても中小零細企業では、資本・人材面で大企業には遠く及ばず、よりニッチなとことろで商売するしか生き残る術はありません。

        税理士業界については、大手事務所(大資本)の影響を受けることがない数少ない業界です。
        そして行政書士業界も同様に全く影響は受けません。

        国家資格の独占業務のために他業種からの進出がないからなのか、大規模化するメリットが小さいからなのか分かりませんが、市場占有率に占める中小零細事務所の割合はかなり高いと思います。

        従って、開業間もない事務所でもアイデア・能力次第で大きく成長できる分野です。
        だから開業2年半ちょっとの私でも、地元大手中堅事務所に負けることなく、お客様を増やすことができたのだと思っています。

        地方で開業しても、お客様が全く増えない同業者の方には、当事務所のコンサルティングサービスを受けてみませんか?

        自分で解決方法を探すより、すでに成功している事務所に教えを請う方が効率的です。

        最近、地元士業の会報を読んで、特にそう思いました。
        新人会員のインタビュー記事で、開業後1年間の仕事受注がたった2件。
        1年間で小さい仕事を2件受注しただけの事務所の存在に驚きました。
        そして開業後3年以内の新人会員を対象にした勉強会に、一部の中堅会員も応募したがっている業界って何なんでしょうか?
        それだけ資格を持ってても食べれない同業者がたくさんいる証です。

        士業で起業を考えているなら、是非当事務所のコンサルティングサービスにお申し込みください。

        http://www.nobata-kaikei.com/

        http://www.kaisyaseturitu-houzinseturitu.info/
        http://www.bluecolor.biz/
        http://www.ab.auone-net.jp/~aoiro/
        岐阜の税理士 野畑忠好 * 事務所サービス紹介 * 12:23 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

        水玉模様のTシャツ

        0
          JUGEMテーマ:ビジネス

          水玉模様のTシャツを2枚購入しました。
          白地に青色の水玉、白地に何色か(とてもカラフル)の水玉模様のTシャツです。
          水玉柄のプリントはTシャツの裏地に印刷されていて、着ると透けた感じの水玉模様です。(表現しずらいですが・・・)

          とても夏らしいので気に入って買いましたが、思えば今まで水玉模様の柄を買った記憶がないのです。

          なんで水玉模様が目に入って購入にまで至ったのか思い当たる原因はひとつです。

          それは、前日に草間彌生(くさまやよい)のドキュメンタリー番組を見たからです。
          前衛芸術家として最近までの活躍を追った番組でしたが、その圧倒的な存在感と作品に対する愛情に感動しました。
          その草間作品の代名詞として有名なのが赤と白のドットの水玉模様です。

          私自身、無意識のうちに水玉模様の影響を受けていて、それが購買行動として現れたのでしょう。(多分・・・)

          この記事が無意識に集客に影響を与えることは無いと思いますが、最近の暑さでTシャツ・半ズボン出勤の日が増えていたので、購入したTシャツは重宝しそうです。

          http://www.nobata-kaikei.com/

          http://www.kaisyaseturitu-houzinseturitu.info/
          http://www.bluecolor.biz/
          http://www.ab.auone-net.jp/~aoiro/


          岐阜の税理士 野畑忠好 * 事務所通信 * 11:36 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

          大手監査法人の希望退職者募集の記事

          0
            日本経済新聞に大手監査法人の希望退職者募集の記事が掲載されていました。
            対象者は職員全体の8%相当の440人(内訳は入社3年目以降の職員400人と幹部クラス40人)。
            しかし、今年の公認会計士試験合格者は200人程度採用する予定のようです。

            入社後3年すぎれば仕事にも慣れて、これからキャリア形成に磨きをかけていく時期です。
            せっかく育ててきた人材を放出せざるおえない業界環境の厳しさが現れている記事でした。

            多分、この希望退職者の中から税理士業界に参入してくる人もいることでしょう。
            新規上場企業の減少で、監査対象の顧客が増えない現状では、公認会計士の監査業務も成長が頭打ちです。
            監査法人へ転職するよりは、市場が大きい中小零細企業向けの税理士業務の方が拡大余地があるからです。

            頭の良い人たちの集団である大手監査法人が、本業の監査業務以外の職域拡大や新規事業立ち上げなどの新たな成長分野で監査業務の縮小をカバーできそうに思えますが、職員の雇用を守れないとは、いささか疑問も生じます。
            経営者が悪いのか、働いていた職員が悪いのか、市況環境が悪いのか、政治が悪いのか分かりませんが、一部の業界に限っての話ではないと思います。

            今後は、私も含めて、すべての働く人が、今の職業(仕事)は将来も続けて行ける職業(仕事)なのか考えながら、いろんな選択肢を用意する時代に入ったのではないかと感じました。

            あと近い業界の話題として、名古屋の司法書士法人の倒産の記事も最近掲載されていました。
            司法書士や弁護士は、消費者金融の過払い金返還業務で比較的調子の良かった士業です。

            資格を取っても、人生いろいろです。
            ばら色の人生が確約される訳ではありません。

            当事務所と一緒になって成長したい士業を目指す人募集中です。
            ハローワークに求人していますので、お問い合わせお待ちしています。

            http://www.nobata-kaikei.com/

            http://www.kaisyaseturitu-houzinseturitu.info/
            http://www.bluecolor.biz/
            http://www.ab.auone-net.jp/~aoiro/

            岐阜の税理士 野畑忠好 * 職員求人情報 * 12:23 * comments(0) * trackbacks(0) * - -
            このページの先頭へ
            このページの先頭へ
            メールアドレス
            Lancers.jp ブログランキング【くつろぐ】 にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
            にほんブログ村 人気ブログランキングへ My Yahoo!に追加